グレイゾーンに翻弄される人々・・

所詮、人間の作った仕組みは時代に対応しなければならない

海洋散骨、樹木散骨

手稲山
札幌市手稲山

散骨のメリットとデメリット

札幌の海洋散骨は小樽市から出港し散骨となります。

事前に遺骨の粉砕加工が行なわれます。

30万円前後が基本料金です。(粉骨加工料別途)

僧侶乗船、祭壇設置などはすべて別途となります。

海洋散骨、樹木散骨(樹木葬)も実はグレイゾーンのビジネスです。

散骨については国の指針が無いのです。許認可もありません。

例えば石狩市では陸地での散骨はしないように指導しています。

恵庭市も同様であったと記憶しています。

反面、道東では霊園内で散骨している所もあり、自治体もやめるように指導もしていません。

墓地埋葬法に抵触することもありません。

散骨希望者は、納骨が無いためにお寺との付き合いが不要となること、 高額なお墓を購入する必要がないこと、自然回帰、自然の懐に抱かれることをメリットと考えます。

さらに身寄りの無いお一人の方には最も適していると考えているようです。

デメリットとしては、海に撒いてしまったご遺灰を取り戻す事ができないことです。



遺骨の搬送について

遺骨の紛失

注 意  宅配業者
ご遺骨を宅配業者などで送ることはできません。

散骨のために遠方の業者に運送会社を使って送る方達がおります。

しかし、一品物と言われる品となります。

紛失の場合と破損の場合は対処方法が無い品となります。

皆様がよくご存知の急配便では受付が拒否されるモノとなります。

注 意  郵便事業 郵パック
遺骨であっても受け付けるとのことです。

破損については保証の対象になるようですが紛失についての責任は負えないとのことでした。

皆様の自己責任、ご判断で行って下さい。



焼骨について

生存されているために遺骨ではなく焼骨となります。

事故、医療(手術)などによる切断された肢体及び一部は医療廃棄物として病院で処理されるか、本人、家族に渡されて焼骨するかになります。

火葬する場合の流れ

1,病院の診断書(切断を証明するもの)を発行してもらう

2,火葬場で火葬の申請書に記入

3,火葬される小骨を引き取るかどうかの確認がある

4,火葬 
※ ご遺体とは違い区役所などでの火葬許可証は発行されない
※ 埋葬許可証も発行されません


墓地・墓石・納骨堂

納骨堂が安いか、墓地墓石形式が安いのか。よく聞かれます。

入る時は安くても納骨堂は建物の老朽化による建て替え時に多額の寄付が必要となる所があります。

80万、120万などの寄付が払えない場合には出て行ってくれとなります。ご自身でよく調べて下さい。

墓地・墓石購入はかなりの高額ですので足踏みされることはうなずけます。

安価なものとしては民間霊園によって夫婦墓を販売しているところがあります。 夫婦2体の遺骨のみ納めることができる限定のお墓です。

市町村墓地は決まりごとが少なく使い勝手の良さがあります(葬儀の際の宗派関係なく納骨できる)

それにしても核家族の時代。

子供達が皆、関東などに移り住み所帯を持った場合、札幌の墓守は誰がするのだろうか。 今の時代に合わないシステムを永遠に続けるのもどうかと思う。

分骨・改葬について

最近の傾向・分骨の注意事項!

最近、骨壷と喉仏を収める小さな分骨壷がセットで葬儀社から自動的に渡されます。

七七日(四十九日)に忘れずに両方とも納骨するなら良いのですが、小さな分骨壷を仏壇に置いたまま忘れてしまう人が増えているのです。

分骨、他の兄弟に分骨する場合、他のお墓に分骨するなどの場合、全て分骨する数の分だけ「分骨証明書」が必要となります。

火葬場に申請して分骨の表示のある「火葬済証明証」を発行してもらわなければ後々、納骨することができないのです。

もしも忘れて分骨を納骨しなかった場合

札幌市役所、石狩市役所に問い合わせをしました。 札幌市ではいつ火葬したか分かるので市営墓地ならば後日、分骨壷の納骨に対応するとのことでした。 石狩市では分骨証明が無ければ市営墓地に納骨は出来ないの一点張り。 そうなるとゴミで処分する人も出てくるかもしれない事を伝えると、それは困るとのこと。結論が出ませんでした。

改葬・埋蔵場所の変更
市営から民営、その反対。市外から市内、その反対。市内から市内の改葬が考えられます。 基本、「改葬許可証」が必要ですが届出先により用意するものが違いますので都度ご自身で確認して下さい。

札幌市保健所  生活環境課墓園管理係  札幌市中央区大通西19丁目  WEST19  3階
電話:011-616-2855   札幌市HP改葬

預骨

遺骨の一時預かりを札幌市平岸霊園では行っています。都度確認が必要です。
お問い合わせ
札幌市平岸霊園管理事務所  札幌市豊平区平岸5条15丁目  電話:011-831-6980



寺院費用

葬儀社は檀家と檀那寺のことに関しては介入できません。お葬式ではお寺さんが法律です。

宗教離れ

ただ最近、お布施の金額トラブルが増えております。北海道の平均のお布施額は40万円前後といわれておりますが、戒名代を別途と考えるお寺さんも出てきていると聞きました。そうなるとお布施額はかわります。また、お寺さんとのトラブルで後の葬儀は無宗教で行う方もいるほどです。

戒名必要ない56%、葬式簡素派9割…読売調査 読売新聞から以下 
YOMIURI ON LINE 2012/4/8
冠婚葬祭アンケートで「七五三」「結婚式・披露宴」「法要」「葬式」を簡素に行うべきの答えがいずれも90%前後に達した。 慣習やしきたりにこだわらなくてよいと思う人が増えている。葬式を仏教式で行う場合、戒名(法名)が「必要ない」と答えた人は56%で、「必要だ」43%を上回った。

寺院離れ  Pdfファイル

音楽葬の急増

読経のかわりに音楽で故人を偲びおくる方達が増えている。 完全に宗教色を廃した音楽葬と一般会葬の通夜には音楽葬、お寺さんの読経は通夜前に親族のみで一回だけのような場合と二通りある。 寺院費用が40万とも70万(院号別途とも言われる時代に音楽家二人にお願いしても数万円で済む。 通夜式が1時間〜1時間半と考えると30分程度で済む音楽葬が好まれるのも分かる。

宗派別の焼香、線香のあげ方を一覧表に致しました。 宗派別焼香方法  Pdfファイル



戒 名

1、○○院殿○○○大居士「清大姉」   2、○○院○○○居士「大姉」   3、○○○信士「信女」  1~3高校生以上の年齢の戒名
4、○○童子「童女」  小中学生の戒名   5、○○孩子「孩女」  幼児の戒名   6、○○嬰児「嬰女」  乳児の戒名

1の戒名が最高位とされています。しかし、信心、宗教心にランクをつけ、お金で買うことを嫌う方が増えています。 俗名で無宗教葬が増えているのもそのあらわれでしょう。

合同墓 札幌平岸

札幌市によると(以下札幌市HPから抜粋)
平成25年8月1日(木曜日)から休止していた「平岸霊園の合同納骨塚は、平成26年12月より再開致しました。

 札幌市合同納骨塚のご案内 Pdfファイル

合同墓の市職員に伺いましたところ、以前の6000基から12000基が納められる規模になり、 今後20年は対応できるであろうとのことでした。

合同墓に収めるということは骨壷から出され、他の方達のご遺骨と一緒になるわけですからいちど納めてしまうと取り出すことが出来ません。

さらに、永代供養とは違うということを理解する必要があります。

半年は雪に覆われる場所ですので雪解けの時期からお参りに来る人々が多く見受けられます。

その合同墓の前で僧侶を呼んで読経するなどの行為も私物化とお捉えられてしまう場合があります。

あくまで平岸霊園市職員との打ち合わせにより行って下さい。




合同墓 札幌以外

小樽市 小樽市HP   合同墓地使用許可申請書

江別市 江別市HP   合同墓受付案内書

恵庭市  恵庭市HP  合同納骨塚のご案内

北広島市 北広島市HP   慰霊堂使用申請書

千歳市 千歳市HP   千縁塚 地図

北見市  北見市HP   北見ケ丘霊園 地図

帯広市  帯広市HP   中島霊園 地図

※合同墓、合同塚はご遺骨が骨壷から出されて入れられます。 他の方達のご遺骨と一緒に入るわけですから入れた後は取り出すことが出来ません。

※お墓を持てない、身元不明行旅死亡人である等の理由がある場合を考慮し、ご遺骨を収める場所を自治体が 提供しているだけで合葬墓に宗教の概念はありません。

ですから永代供養となっているわけでもありません。 自治体では、納骨時やお参り時に合葬墓前で読教などの宗教的行為は行わない様にお願いしますとの事です。



寺院の合同墓

寺院所有の合同塚があります。

現在では、なかなか自治体の許可も下りませんが明治期にできた寺院では合同塚を持っている所があります。

土に還すものと壺型の地面には接していないものがあるようです。

檀家の納骨堂が一杯になった時に新しいお骨を納骨堂に納めるために古いお骨からこの合同塚に移します。

このように本来は檀家が使用する合同塚です。

しかし、本州では宗派関係なくご遺骨をお持ちで困っている方のためにこの合同塚を安価に利用させてくださる寺院があります。

料金も冥加金として15,000円から30,000円と利用しやすい価格となっております。

また、この寺院型の合同塚であればそこの僧侶に読経をお願いすれば良いことですので公営合同塚のような規制がありません。

時代に応じたものが望まれます。

北海道では残念ながら檀家以外の方達にも合同塚を利用させて下さっている寺院は少ないようです。

あっても価格が10万円から30万円と大きく本州の相場からはかけ離れています。

ご遺骨までが本州に流れていってしまうことにやるせなさを感じます。

この件は調査を続け分かり次第掲載致します。



次へ