トラブルの原因

葬儀の失敗、特に金銭トラブルについてを説明致します

小さな葬儀が大流行です。では、小さな葬儀は安いのか? 同居家族だけの小さな自宅葬で140万円も持っていった葬儀社(仕出し料理も無し、バスも使わず) 生活保護者の葬儀で80万(通常20万前後で納めます)も請求した葬儀社。 誰もが耳にした事のある葬儀社です。

宗旨確認!再確認!

菩提寺を確認せず、宗旨を間違えて余計な出費になってしまった例もあります。

寺墓地、寺納骨堂に納骨できない、戒名の付け直しにまで至る場合です。

普段、寺との付き合いのない現代人ですが叔父、叔母など親族に確認してください。

葬儀の最中(通夜、告別式)に親族から指摘されて慌てふためくということが稀にありますので。

菩提寺の納骨堂、寺墓地に納骨するのにそこのお寺さんに葬式に読経して頂かないと納骨させてくれるわけがありません。

だから檀家というのです。先ず基本は菩提寺、宗派を確認することです。

市営、町営などの自治体墓地、民営墓地をお持ちの方は宗派関係無く納骨できます。

自由にお葬式をアレンジ出来るわけです。

もちろん、檀家であっても寺の納骨壇、寺墓地に納骨しないのであれば自由にお葬式を行うことが出来ます。



原点回帰

再び町内会館を・・・

各区に斎場を持つ民間大手葬儀社にお葬式を依頼される方達が大半を占めるのが札幌の現状です。 しかし、この1,2年、町内会館を指定される遺族が増えております。 町内会館を使うにしても小規模葬儀を行なう葬儀社が入ることで地域のしがらみを排除する方法を望まれる方がほとんどです。 町内会館の全館を使うのではなく、二部屋のみを使うなどの工夫で料金を安価にすますことを希望されます。 家族葬と言いながら200万円を超える葬儀に疑問を抱く方達が増えているからです。 まさに生活防衛の時代の現れでしょう。

紹介の葬儀社は高い!

病院からはご遺体の速やかな搬送を促されます。 葬儀社が決まっていなければ病院から紹介される葬儀社か電話帳で探すことになります。 病院と提携している葬儀社は紹介料を病院側に払うことになっているとか・・・。 となると病院から紹介された葬儀社は皆さんの葬儀費用に紹介料を上乗せするのでしょうか・・・世の中、甘くないようです。

また、ご逝去後に葬儀社を探すようでは全て遅すぎます。 この行き当たりばったりが多いのですが価格も高めになります。 葬儀社側も満足な打合せが無ければフルセットの葬儀を行わざる得ないのです。或いはしてくれないのです。

自動車で言うなら高級車の「レクサス」「クラウン」を販売している会社に軽自動車の価格を要求しても無理があります。 せいぜい「レクサス」「クラウン」のグレードの下のクラスを勧めるしかないのですから高くなるのは当たり前。 どちらにも言い分がありそうですね。

最近、あまりにも安い価格を謳う葬儀社があります。 生活保護者の生保葬でも20万円以上が自治体(民生委員経由)から支給されます。 一般の方達の葬儀でそれは可能なのでしょうか。その低価格葬儀で故人を偲ぶ弔いになっているのでしょうか。



互助会トラブル

互助会解約トラブル判例 互助会オンブズマン

平成25年1月に大阪高裁の判決が出ました。互助会解約手数料2審も違法判決。

契約内容などきちんと確認しない人々が多く見受けられます。どちらが正しい、悪いだけでもありませんので誤解なきようにお願い致します。

お悔やみ欄

冬の小川
小川、冬の景

新聞に出るお悔やみ欄は無料のものと有料のものがあります。

よく黒枠といわれるのが有料で会社経営者などの葬儀に使われます。

最近は家族葬、密葬でも平気で無料お悔やみ欄に載せてしまう人がいるのです。

どのような葬儀を行なうかすら理解していないことになります。

一般会葬者の無い、親族のみの家族葬、密葬ならば多くの人に知らしめる必要は無いわけです。

このようなことをされると遺族の関係者、町内の方達も困惑してしまいます。

葬儀終了後にご自宅に弔問に訪れる方達が必ず出てきて双方戸惑うことになります。

ご自宅に香典返しはお持ちですか。どのように対処されるのでしょう。

北海道のお悔やみ広告は、北海道新聞がひとつ。

朝日、読売、毎日新聞がひとつのグループになります。

上記全国紙のどれかに連絡すると朝日、読売、毎日新聞の三社に掲載となるはずです。



次へ