葬儀事情 札幌から

キリスト教のお葬式についてご案内致します。

キリスト教の葬儀

聖書と十字架が基本であり、物品にこだわらないのがキリスト教の本来のお葬式です。

キリスト教では死を汚れとは考えないために「清め」などの儀式はありません。

プロテスタントの教会での葬儀では通夜ではなく「前夜式」といい、通夜振る舞いは基本的にありません。


カトリックでは通夜のことを「通夜の祈り」と申します。パンやブドウ酒を祭壇に奉納する「感謝の典礼」などの「ミサ」を行なうのはカトリックです。

告別式はカトリック、プロテスタントともに「告別式」の言い方で問題ありません。

また、聖職者を「牧師」と呼ぶのはプロテスタントで、カトリックでは「神父」となります。

仏教のお葬式と比べると非常に簡素、合理的だと思います。

エンディングノート


エンディングノートの草分けと言えます。

考え方が合理的なのでしょうか。

クリスチャンでない限りエンディングノートの存在を知ったのは最近のことと思います。

お葬式の備え pdfファイル


表書き/式次第など

キリスト教: 表書き6 

式次第: 表紙 

式次第本文:  前夜式・葬儀式


賛美歌

式次第にある賛美歌の譜面:  賛美歌


プロテスタント教会員の作:  

最近は詩の朗読など素朴な手作り感のあるお葬式が好まれるようです。


火葬場から戻られた後は、お茶会くらいですので仏式葬儀に比べて飲食費がかかりません。

大抵、教会が納骨堂を持っていますので納骨の心配も無いのが特徴です。

もちろん、教会員、信者の方に限ります。

その教会によりますが仏式法要にあたる故人を偲ぶ「召天者・納骨記念礼拝」が年に一度行われます。


HOMEへ
ページのトップへ戻る